カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客さまの声・ご感想 サイトマップ
RSS

 

よみがえる総天然色の列車たち 第1章 福島特別篇 宮内明朗8ミリフィルム作品集【2012年3月10日発売】

品番: DR-4191 
販売価格: 3,300円(税込)

ドルビーデジタルステレオ 
80分 
2012年3月10日発売




※ポイント付加は会員のみの特典です。
 (会員登録はページ上部の「マイページへログイン」→「新規会員登録はこちらから。」

よみがえる総天然色の列車たち 第1章 福島特別篇 宮内明朗8ミリフィルム作品集【2012年3月10日発売】

メーカー:動輪堂
型番:DR-4191
JANコード: 4932323419121
定価:
4,104円(税込)
価格:

3,056円 (税込 3,300円)   <19%OFF>

[ポイント還元 330ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる

■ 商品説明

鉄道愛好家・宮内明朗氏が撮影した昭和30年代〜40年代のカラーフィルムの映像による「よみがえる総天然色の列車たち第1章」が再登場。震災と原発事故からの復興を願って、福島県各地の懐かしい鉄道風景が未公開映像を中心に、一部同録音声付きで鮮やかによみがえる。 福島第一原発の警戒区域の指定と地震・津波被害で現在も一部区間が不通となっている常磐線。フィルムは原発の建設が始まった昭和42年を挟んだ、昭和39年から昭和43年にかけて撮影された。当時の常磐線は平(現・いわき)―岩沼間が非電化で、上野―青森間の寝台特急「ゆうづる」を牽引するC62をはじめ、C60、C61、D51など蒸気機関車が輸送の主役だった時代。一方昼行の特急ではディーゼルのキハ81系による「はつかり」が活躍していた。そのほか、板谷峠越えの福島―米沢間が直流電化だった時代の奥羽本線や、磐越東線、磐越西線、現在は只見線・会津鉄道となった会津線、のちに廃止された川俣線・日中線の映像も収録。各線でC11、C57、D60などが元気に働くありし日の鉄道風景を紹介する。 ナレーター:子守康範

■ 商品仕様

製品名よみがえる総天然色の列車たち 第1章 福島特別篇
型番DR-4191
JANコード 4932323419121
メーカー動輪堂
製造年2012年



お得なセット商品のご購入はこちら!!



昭和30〜40年代 福島県内国鉄列車のカラー動画! 
同時録音サウンド付きで復活!

鉄道愛好家・宮内明朗氏が撮影した昭和30年代〜40年代のカラーフィルムの映像による「よみがえる総天然色の列車たち第1章」が再登場。震災と原発事故からの復興を願って、福島県各地の懐かしい鉄道風景が未公開映像を中心に、一部同録音声付きで鮮やかによみがえる。 福島第一原発の警戒区域の指定と地震・津波被害で現在も一部区間が不通となっている常磐線。フィルムは原発の建設が始まった昭和42年を挟んだ、昭和39年から昭和43年にかけて撮影された。当時の常磐線は平(現・いわき)―岩沼間が非電化で、上野―青森間の寝台特急「ゆうづる」を牽引するC62をはじめ、C60、C61、D51など蒸気機関車が輸送の主役だった時代。一方昼行の特急ではディーゼルのキハ81系による「はつかり」が活躍していた。そのほか、板谷峠越えの福島―米沢間が直流電化だった時代の奥羽本線や、磐越東線、磐越西線、現在は只見線・会津鉄道となった会津線、のちに廃止された川俣線・日中線の映像も収録。各線でC11、C57、D60などが元気に働くありし日の鉄道風景を紹介する。

ナレーター:子守康範


 
 
 

予告編


 
 
 
常磐線

  東北地方太平洋沖地震とそれに伴う津波や、福島第一原子力発電所の事故による警戒区域の指定で不通となった区間を行く列車たち。昭和42年の電化以前、平―岩沼間では、寝台特急「ゆうづる」をはじめとする大部分の旅客列車は、日本最大の旅客用機関車C62形など蒸気機関車に牽引された。一方、上野―青森間の特急「はつかり」は日本初の特急用気動車キハ81系で運転。



[ナレーションより抜粋]
大野―双葉(ふたば)間、大熊町(おおくままち)にあるこの地点は現在、警戒区域の中にあります。 そしてこの付近は、常磐線が福島第1原子力発電所に最も近づく所です。建家までの距離、東へおよそ3キロ。これは、原発着工2年前、昭和40年の映像です。
20系ブルートレインを使用する寝台特急として昭和40年に登場したばかりの「ゆうづる」。青函連絡船を介して東京と北海道を結ぶ重責を担った特急「はつかり」。客車列車として登場してから電車特急となるまでの10年間は、勾配区間の多い東北本線を避けて、常磐線を経由しました。



 登場車両・列車

<C60形/C61形/C62形/D51形/EF80形 寝台急行北上/急行みちのく/キハ81系特急はつかり/寝台特急ゆうづる/急行第4十和田/急行臨時みちのく/急行臨時十和田/キハ28系急行そうま/583系特急はつかり >



磐越東線 

D50形から改造されたD60形が、旅客・貨物双方の先頭に立って活躍。



[ナレーションより抜粋]
D60形は、大正時代から昭和初期にかけて製造された貨物用機関車、D50形の改造によって誕生した形式です。 終戦を迎えて貨物輸送が減り、一方幹線の電化が進められた昭和20年代になると、古手のD50形は活躍の範囲が狭められつつありました。一方ローカル線では手頃な機関車が不足しはじめていました。
そこで、D50形の軸重を軽くして、線路の規格がより低いローカル線に転用できるよう、従輪を1軸追加して1D2の軸配置としたのです。 

登場車両・列車

<D60形>

川俣線 

「赤字83線」に選定されて昭和47年に廃止となったローカル線。貨車と客車を共に連結する混合列車が運転された。

[ナレーションより抜粋]
川俣(かわまた)線は、東北本線松川駅から分岐して、岩代川俣(いわしろかわまた)駅までを結ぶ、全長12・2キロのローカル線でした。 昭和41年9月末まで、ここでは小型のタンク式機関車、C12形が使用されていました。



登場車両・列車

<C12形>

奥羽本線

板谷峠越えの福島―米沢間は直流電化の時代。キハ82系の特急「つばさ」にEF16形の補機が連結された。



[ナレーションより抜粋]
途中の駅は4駅連続でスイッチバックの構造です。そのうち最も福島よりの赤岩駅を通過して勾配を下って来たのは、キハ82系の上野行き特急「つばさ」。スピードを抑えるため、ディーゼル特急の先頭にも補機の電気機関車が付けられていました。 

登場車両・列車

<キハ82系特急つばさ/EF16形>

磐越西線

 「川線」と呼ばれる会津若松―新津間で旅客列車を牽引するC57形。現在も活躍する1号機や180号機の姿も。



[ナレーションより抜粋]
現在も山口線で元気な姿を見せるC57形1号機。このころは新津機関区に籍を置き、この磐越西線や羽越本線を持ち場にしていました。 
そしてこの180号機はご存知の通り、引退〜復活を経て、現在もなおこの路線で活躍しています。

登場車両

<C57形/D51形>



日中線

 路線名に反して日中に走る列車が1本もないことでも知られた典型的な盲腸線。途中駅では混合列車から貨車の切り離しが行われる。



[ナレーションより抜粋]
日中線の各途中駅とも、喜多方側から側線が分岐し、そこに貨物ホームが置かれる線路配置となっていました。 その関係で混合列車の貨車は必ず同じ喜多方寄りに連結。上り列車で貨物の切り離しや連結が行われました。  

登場車両・列車

<C11形>

会津線

桑原駅周辺の区間はダム建設により後に付け替えが行われ、消滅。一部の貨物列車には後補機を連結する一方、貨物がなく、緩急車のみを連結する列車も。



[ナレーションより抜粋]
材木を降ろした返空(へんくう)貨物列車が、会津田島方面へと向かいます。深い谷を刻むこの付近。難工事の末、岸壁に張り付くように線路が敷かれ、昭和7年に湯野上(ゆのかみ)までが開通しました。 

登場車両・列車

<C11形>



只見線

ダム湖が広がる只見川沿いの路線。山峡に汽笛がこだまする。



[ナレーションより抜粋]
会津線の延伸工事は只見川の開発計画と一体で進められました。その一部である上田ダム完成の2年後に開業した会津川口駅は、水辺の風景が美しい駅となりました。
この先、只見までの区間は昭和38年に開業。さらにその6年後に只見線は全通を見ますが、それを境にC11形は急速に行き場を失って行きました。  

登場車両・列車

<C11形>


ナレーター 子守康範
構成・演出 宮地正幸
本編80分


ジャケット裏面画像/ポップアップ




詳細情報

音声切替 1音声 ナレーション+BGM
画面サイズ 4:3
片面1層 NTSC MPEG 2
リージョン ALL



関連商品

よみがえる総天然色の列車たち第3章1 国鉄篇<前編>【2017年3月21日発売】

税込定価: 4,320円(税込)
3,241円(税込 3,500円)
珠玉のシリーズがサウンド付きで復活!
国鉄末期の電車や電気機関車たちが鮮やかによみがえる

よみがえる総天然色の列車たち第3章2 国鉄篇<後編>【2017年4月21日発売】

税込定価: 4,320円(税込)
3,241円(税込 3,500円)
珠玉のシリーズがサウンド付きで復活!
国鉄末期のディーゼル機関車やディーゼルカーたちが鮮やかによみがえる

よみがえる総天然色の列車たち第3章3 JR篇<前編>【2017年5月21日発売】

税込定価: 4,320円(税込)
3,241円(税込 3,500円)
珠玉のシリーズがついにJR時代に突入!
なつかしい車両たちが同録サウンドとともによみがえる

動輪堂プリペイドポイント

9,259円(税込 10,000円)
プリペイドポイント販売開始!
税込10,000円で15,000円分
のポイント進呈!
ただし 先着100名様限定とさせていただきます
(会員様のみ対象のサービス 使用は動輪堂ホームページのみ)

動輪堂DVDまたはブルーレイ3タイトルセット

最大定価: 15,228円(税込)
7,685円(税込 8,300円)
お好きなDVDまたはブルーレイ商品3タイトルセット購入で(「近鉄プロファイル」ブルーレイ版を除く)、最大定価(税込)15,228円より6,928円の値引!(ポイントは付きません。)

動輪堂DVDまたはブルーレイ2タイトルセット

最大定価: 10,476円(税込)
5,093円(税込 5,500円)
お好きなDVDまたはブルーレイ商品2タイトルセット購入で(「近鉄プロファイル」ブルーレイ版を除く)、最大定価(税込)10,476円より4,976円の値引!

よみがえる総天然色の列車たち第2章全22巻セット

税込定価: 90,288円(税込)
41,667円(税込 45,000円)
「よみがえる総天然色の列車たち第2章奥井宗夫8ミリフィルム作品集」完結記念! 全22巻(税込定価90,288円)を全部まとめて大特価、税・送料・代引手数料オール込45,000円(1枚あたり2,045円)で販売!
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫氏が昭和30年代〜50年代に撮影したカラーフィルムによって、日本の懐かしい鉄道風景が鮮やかによみがえるシリーズを一気に揃えるチャンス! 
ダブり商品抜き取り割引あり!

よみがえる総天然色の列車たち 第2章1 国鉄電気機関車篇 奥井宗夫8ミリフィルム作品集

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
20系ブルートレインをけん引するEF65Pをはじめ、流線形が美しいEF58、マンモス貨物機EH10、阪和線で活躍したED60、関門専用のEF30、セノハチの EF59など、数々の名機の未公開映像が次々と登場する。またED16、ED18、ED19、EF15、EF52、EF56、EF57など戦前生まれの旧系列デッキスタイルの機関車の晩年の姿もたっぷりと紹介。
ナレーター:子守康範
2010年7月21日発売

よみがえる総天然色の列車たち 第2章2 国鉄電車篇 奥井宗夫8ミリフィルム作品集

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
新幹線鴨宮モデル線区での試乗会や東海道新幹線開業初日の貴重な車内の映像に始まり、「つばめ」「はと」「しおじ」など山陽本線で大活躍の昼行電車特急群や、「はつかり」「とき」など上野を発着する懐かしの優等列車が続々登場。
また阪和線・片町線、飯田線、宇部線・小野田線、青梅線、仙石線などで働く31系・40系・42系・52系・60系・70系・72系・73系・80系など旧型国電も次々とよみがえる。70年代国鉄ファン必見の一編。
ナレーター:子守康範
2010年9月21日発売

よみがえる総天然色の列車たち第2章7 国鉄ディーゼル篇<前篇> 奥井宗夫8ミリフィルム作品集【2012年4月21日発売】

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
昭和30年代から50年代のカラーフィルムで懐かしい列車たちや鉄道風景が鮮やかによみがえる。奥井宗夫フィルムの国鉄電気機関車篇、国鉄電車篇に続く待望の国鉄シリーズ最新作。 国鉄ディーゼル篇3連作の初回となる本作は気動車を中心に構成。特急「はつかり」でデビューした日本初の特急形気動車キハ8 1系が紀勢本線に転身して特急「くろしお」として活躍する姿をはじめ、キハ82系特急「まつかぜ」「くろしお」「ひだ」、強力エンジンの試作車キハ91系とこれをベースに製造されたキハ181系の特急「しなの」「おき」などが登場。また急行形気動車キハ55系やキハ58系のほか、キハ17系、キハ20系、キハ35系など各地で活躍した一般形気動車も紹介。
ナレーター:子守康範

よみがえる総天然色の列車たち第2章8 国鉄ディーゼル篇<中篇> 奥井宗夫8ミリフィルム作品集【2012年7月21日発売】

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
鉄道8ミリ界巨星・奥井宗夫氏撮影のカラーフィルムで懐かしい列車たちや鉄道風景が鮮やかによみがえる、国鉄電気機関車篇、国鉄電車篇に続く国鉄シリーズ最新作・国鉄ディーゼル篇3連作の第2作。国鉄非電化路線で旅客・貨物双方の輸送を支えたディーゼル機関車を中心に構成する。DF50形をはじめ、DD13形、DD51形、DD54形、DE10形が、紀勢本線・関西本線で撮影された映像を中心に鮮やかによみがえる。また、特急型気動車キハ81系を使用して名古屋―天王寺間を結ぶ特急「くろしお」下り5号・上り2号のほか、阪和線を走る南紀直通のディーゼル特急・急行の映像も収録。(昭和34年〜昭和60年撮影)
ナレーター:子守康範

よみがえる総天然色の列車たち第2章9 国鉄ディーゼル篇<後篇> 奥井宗夫8ミリフィルム作品集【2012年9月21日発売】

税込定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
昭和30年代から50年代のカラーフィルムで懐かしい列車たちや鉄道風景が鮮やかによみがえる。奥井宗夫フィルムの国鉄電気機関車篇、国鉄電車篇に続く国鉄シリーズ最新作・国鉄ディーゼル篇3連作の第3作。特急形気動車のパイオニア・キハ81系と、初の量産型ディーゼル機関車で、お召し列車牽引にも活躍したDF50形が共に引退の時を迎える。一方、キハ40系登場前後から、一般形気動車は「首都圏色」へと塗色を変更。また、旧型客車によるお座敷列車に代って「サロンエクスプレス東京」などジョイフルトレインも次々と入線するなど、国鉄の歴史の幕引きが近づくにつれ、非電化区間の姿も大きく変わろうとしていた。昭和37年〜昭和60年撮影)
ナレーター:子守康範

よみがえる総天然色の列車たち第2章20 蒸気機関車篇<前篇> 奥井宗夫8ミリフィルム作品集【2014年5月21日発売】

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫氏が昭和30年代〜50年代に撮影したカラーフィルムによって、日本の懐かしい鉄道風景が鮮やかによみがえるシリーズの集大成「蒸気機関車篇」登場! 
全国の幹線や地方幹線で活躍した蒸気機関車。動力近代化計画が進むにつれて昭和30年代後半から少しずつ姿を消しはじめ、昭和40年代に入ると、そのペースは急激に加速していった。そんな中まだまだ主役として旅客列車や貨物列車の先頭に立ち続けた、各地の機関車の雄姿が鮮やかによみがえる。(昭和34年〜昭和46年撮影)
ナレーター:羽川英樹

よみがえる総天然色の列車たち第2章21 蒸気機関車篇<中篇> 奥井宗夫8ミリフィルム作品集【2014年12月21日発売】

税込定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
「蒸気機関車篇」第2弾!
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫氏が昭和30年代〜50年代に撮影したカラーフィルムによって、日本の懐かしい鉄道風景が鮮やかによみがえるシリーズの集大成「蒸気機関車篇」第2弾! 
全廃まで残すところ5年となった昭和45年から、昭和48年にかけて撮影された国鉄の蒸気機関車。運用の減少する中、徹底的に追跡した紀勢本線・参宮線のC57形をはじめ、関西本線、和歌山線、中央西線、七尾線、日中線の機関車が鮮やかによみがえる。(昭和45年〜昭和48年撮影)
ナレーター:羽川英樹

よみがえる総天然色の列車たち第2章22 蒸気機関車篇<後篇> 奥井宗夫8ミリフィルム作品集【2015年2月21日発売】

税込定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
「蒸気機関車篇」第3弾!
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫氏が昭和30年代〜50年代に撮影したカラーフィルムによって、日本の懐かしい鉄道風景が鮮やかによみがえるシリーズの完結篇! 
昭和47年、日本鉄道100周年を契機に各地で軽便鉄道の蒸気機関車が一時復活。その一方で国鉄の蒸気機関車はいよいよ数を減らし、翌48年には、紀勢本線・参宮線・関西本線の蒸機たちは、ついに最後の日を迎えた。しかしその後、東海道本線・大阪―神戸間開通100周年記念で運転されたC612牽引による「SL白鷺号」や、大井川鐵道など各地で蒸気機関車復権の気運が高まる。そんな時代の蒸気機関車の姿が、鮮やかによみがえる。
(昭和43年〜昭和56年撮影)

ナレーター:羽川英樹

ザッツ阪和線 ―JR西日本 天王寺〜和歌山/関西空港線―(DVD版)【2016年4月21日発売】

税込定価: 3,780円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
国鉄形車両と最新形車両が交錯するJR西日本屈指の通勤路線
特急列車から普通列車まで 走行映像で綴る阪和線+関西空港線

ザッツ紀勢本線 ―JR西日本 和歌山市〜新宮―(DVD版)【2016年3月21日発売】

税込定価: 3,780円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
引退した381系と新登場の289系ほか
特急「くろしお」と普通列車各形式の競演
走行映像で綴る 和歌山市―新宮 204.0km

ザッツ阪和線・紀勢本線 ―JR西日本 天王寺〜和歌山/和歌山市〜新宮/関西空港線―(BD版)【2016年4月21日発売】

税込定価: 6,480円(税込)
5,093円(税込 5,500円)
国鉄形車両と最新形車両が交錯するJR西日本屈指の通勤路線・阪和線
引退した381系と新登場の289系ほか 特急「くろしお」各形式が競演する観光路線・紀勢本線
2作品同時収録! 走行映像で綴る全278.1km

国鉄近郊形電車113系・115系 〜東日本篇〜(DVD版)【2015年8月21日発売】

税込定価: 3,780円(税込)
2,870円(税込 3,100円)
東日本各線の113系・115系を撮りおろし走行映像で追う
未公開&アーカイブ映像を大量投入 近郊輸送を支えた国鉄名車両の記録

国鉄近郊形電車113系・115系 〜西日本篇〜(DVD版)【2015年8月21日発売】

税込定価: 3,780円(税込)
2,870円(税込 3,100円)
西日本各線の113系・115系を撮りおろし走行映像で追う
未公開&アーカイブ映像を大量投入 近郊輸送を支えた国鉄名車両の記録

国鉄近郊形電車113系・115系 〜東日本篇/西日本篇〜(ブルーレイ版)【2015年8月21日発売】

税込定価: 6,480円(税込)
5,000円(税込 5,400円)
全国の113系・115系を撮りおろし走行映像で追う
未公開&アーカイブ映像を大量投入 近郊輸送を支えた国鉄名車両の記録

ザッツ新快速 JR西日本 223系・225系 (ブルーレイ版)【2013年12月21日発売】

定価: 4,860円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
走行映像で追う新快速! 敦賀―上郡・播州赤穂間 全363.7km

ザッツ新快速 JR西日本 223系・225系 (DVD版)【2013年12月21日発売】

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
走行映像で追う新快速! 敦賀―上郡・播州赤穂間 全363.7km

ザッツ北陸本線 上越線 越後湯沢〜北越急行 ほくほく線〜北陸本線 金沢(ブルーレイ版)【2015年3月7日発売】

税込定価: 4,860円(税込)
3,611円(税込 3,900円)
北陸新幹線開業を前にした 首都圏・北陸間のメインルートの記録
走行映像で綴る 越後湯沢―金沢(上越線・北越急行ほくほく線・信越本線・北陸本線) 261.4km
ナレーター:羽川英樹

ザッツ北陸本線 上越線 越後湯沢〜北越急行 ほくほく線〜北陸本線 金沢(DVD版)【2015年3月7日発売】

税込定価: 4,320円(税込)
3,241円(税込 3,500円)
北陸新幹線開業を前にした 首都圏・北陸間のメインルートの記録
走行映像で綴る 越後湯沢―金沢(上越線・北越急行ほくほく線・信越本線・北陸本線) 261.4km
ナレーター:羽川英樹

惜別 キハ181系 特急はまかぜ 永遠の鉄路(ブルーレイ版)【2010年12月21日発売】

定価: 5,616円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
ポイント45%分進呈でDVD版と実質同プライス!

惜別 キハ181系 特急はまかせ 永遠の鉄路 DVD版【2010年12月21日発売】

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
1968年のデビュー以来、国鉄を代表する高性能車両として各地で活躍したキハ181系特急形気動車。最後の定期運用となっていた播但線経由で大阪−香住・浜坂・鳥取間を結ぶ特急「はまかぜ」からも2010年11月を以て離脱し、2011年春を以て40年以上にもわたる現役生活を終え完全に引退した。
そんなキハ181系晩年の姿を、特急「はまかぜ」全区間を追った豊富な走行映像や営業列車内映像、旧余部橋梁最終日の様子を交えて綴るほか、車両基地で撮影した車両のディテイルや、北陸本線・高山本線を走行する特急「おわら」や関西本線を行く修学旅行用臨時列車などの映像も収録する。また後継車両キハ189系の車両紹介や走行シーンも。
ナレーター:子守康範

国鉄特急形電車183系 終幕への旅路 〜こうのとり・きのさき・はしだて〜 (ブルーレイ版)【2012年5月21日発売】

定価: 4,752円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
走行映像でつづる
国鉄特急形電車183系 最後の定期列車

国鉄の直流用特急型電車183系。なかでも近畿北部のJR山陰本線・福知山線と北近畿タンゴ鉄道で183系最後の定期運用に活躍したグループは、交直両用の485系・489系からの改造・編入車だったが、新型車両287系の投入などで2012年夏に運転を終了。その晩年の姿を、特急「こうのとり」「きのさき」「はしだて」全運転区間の走行映像で紹介する。また、車両紹介映像の他、先行して姿を消したJR西日本色の車両や、福知山線で親しまれた特急「北近畿」「タンゴエクスプローラー」等も収録する。

ブルーレイ版のみの特別映像「287系特急形電車」「走り去った北近畿の特急列車たち 2011年3月12日ダイヤ改正前後」も収録。


ナレーター:子守康範

国鉄特急形電車183系 終幕への旅路 〜こうのとり・きのさき・はしだて〜 (DVD版)【2012年5月21日発売】

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
走行映像でつづる
国鉄特急形電車183系 最後の定期列車

国鉄の直流用特急型電車183系。なかでも近畿北部のJR山陰本線・福知山線と北近畿タンゴ鉄道で183系最後の定期運用に活躍したグループは、交直両用の485系・489系からの改造・編入車だったが、新型車両287系の投入などで2012年夏に運転を終了。その晩年の姿を、特急「こうのとり」「きのさき」「はしだて」全運転区間の走行映像で紹介する。また、車両紹介映像の他、先行して姿を消したJR西日本色の車両や、福知山線で親しまれた特急「北近畿」「タンゴエクスプローラー」等も収録する。

ナレーター:子守康範

「モノクロームの列車たち」全巻セット

税込定価: 19,440円(非課税)
13,000円(非課税)
完結記念!期間限定(の見込み)販売

モノクロームの列車たち1 蒸気機関車<北海道>篇 上杉尚祺・茂樹8ミリフィルム作品集【2015年12月21日発売】

税込定価: 3,240円(税込)
2,407円(税込 2,600円)
モノクロフィルムで綴る 珠玉の鉄道映像集
復活する昭和40年代の蒸気機関車牽引の列車たち

モノクロームの列車たち2 蒸気機関車<東北・関東・甲信越>篇 上杉尚祺・茂樹8ミリフィルム作品集【2016年6月21日発売】

税込定価: 3,240円(税込)
2,407円(税込 2,600円)
モノクロフィルムで綴る 珠玉の鉄道映像集 第2弾!
復活する昭和40年代東日本の蒸気機関車牽引の列車たち

モノクロームの列車たち3 蒸気機関車<北陸・東海・関西>篇 上杉尚祺・茂樹8ミリフィルム作品集【2016年7月21日発売】

税込定価: 3,240円(税込)
2,407円(税込 2,600円)
モノクロフィルムで綴る 珠玉の鉄道映像集 第3弾!
復活する昭和40年代北陸・中部・関西の蒸気機関車牽引の列車たち

モノクロームの列車たち4蒸気機関車<中国・九州-1>篇 上杉尚祺・茂樹8ミリフィルム作品集【2016年9月21日発売】

税込定価: 3,240円(税込)
2,407円(税込 2,600円)
モノクロフィルムで綴る 珠玉の鉄道映像集 第4弾!
復活する昭和40年代中国地方と九州・福岡県の蒸気機関車牽引の列車たち

モノクロームの列車たち5 蒸気機関車<九州-2>篇 上杉尚祺・茂樹8ミリフィルム作品集【2016年10月21日発売】

税込定価: 3,240円(税込)
2,407円(税込 2,600円)
モノクロフィルムで綴る 珠玉の鉄道映像集 第5弾!
復活する昭和40年代九州の蒸気機関車牽引の列車たち

モノクロームの列車たち6 路面電車篇+蒸気機関車サウンド篇 上杉尚祺・茂樹8ミリフィルム作品集【2016年11月21日発売】

税込定価: 3,240円(税込)
2,407円(税込 2,600円)
モノクロフィルムで綴る 珠玉の鉄道映像集 完結篇!
復活する昭和40年代京都・東京の路面電車篇&
新発見のサウンドトラック付きで再収録した蒸気機関車篇