カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客さまの声・ご感想 サイトマップ
RSS

 

カラーフィルムのSLたち北海道篇 【2018年4月21日発売】


「モノクロームの列車たち」の撮影者・上杉茂樹氏によるカラーフィルム作品集

昭和40年代後半 完全未公開の北海道のSL映像が鮮やかによみがえる


カラーフィルムのSLたち北海道篇 【2018年4月21日発売】

税込定価:
3,780円(税込)
価格:

3,056円 (税込 3,300円)   <12%OFF>

[ポイント還元 330ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 5.0 (1件)
この商品について問い合わせる
携帯ページ

価格改定のお知らせ
当初3500円でしたが、
他の同額の作品の値段に合わせて
3300円に統一致します。



品番DR-4189
本編70分
特別価格3,500円(税・送料・代引き・カード決済等手数料込)



※ポイント付加は会員のみの特典です。
 (会員登録はページ上部の「マイページへログイン」→「新規会員登録はこちらから。」

3タイトルセットのご購入はこちら!!


「カラーフィルムのSLたち北海道篇」を含め、
3タイトルセットご購入の方はさらにもう一枚プレゼント!



2タイトルセットのご購入はこちら!!



10,000円で15,000円分のポイントが使える!
プリペイドポイント購入はこちら









<予告編>



<ビコム鉄道アーカイブシリーズ>
昭和40年代、消えゆくSLの姿を追って全国で撮影された貴重な8丱侫ルムから、北海道の大自然を爆走する貴重な映像を発掘。路線別に再構成して紹介する。


江差線・函館本線

江差線では五稜郭機関区のC58が旅客・貨物を牽引。函館本線では貨物と一部の旅客列車をD51が牽引していた。急行「ニセコ」牽引機はC62からすでにDD51に置き換えられ、全国最後の1両となったC623は昭和48年まで活躍した。

岩内線・胆振線・瀬棚線

岩内線の貨物列車は9600が牽引。小沢駅からはD51と重連となり函館本線・倶知安まで直通した。胆振線でも9600が、瀬棚線ではC11が貨物列車を受け持った。

室蘭本線・日高本線・広尾線

留萠本線・羽幌線


長万部駅で函館本線から分岐する室蘭本線も貨物列車はD51が担当。内浦湾沿いに敷設されていた礼文−大岸間の旧線を行く。日高本線ではC11が、広尾線では9600が貨物を牽引。留萠駅構内では入換作業に9600が、羽幌線では石炭輸送にD51が従事した。

石北本線・宗谷本線・名寄本線

石北本線の映像は、D51が北見客貨車区配置のラッセル車を押す除雪列車。宗谷本線では、旅客列車は主にC55が、貨物列車はD51が牽引した。塩狩峠越えにDD51の後補機を連結。天北峠が控える名寄本線では、一部列車が9600の重連で臨み、下り列車は「トンボ重連」で運転された。

釧網本線・標津線

流氷のオホーツク海沿いを走る釧網本線の列車は、北見機関区・釧路機関区のC58が旅客・貨物ともに担当。タンチョウが姿を見せる釧路湿原を混合列車が行く。標津線では釧路機関区のC11が活躍。


根室本線

独特の車窓風景が展開し、国後島も遠望する根室本線では、昭和49年まで、釧路機関区のC58が旅客・貨物を牽引した。





上杉茂樹氏 略歴

川崎市在住。昭和24(1949)年生まれ。「モノクロームの列車たち」シリーズの撮影者兄弟の弟。兄・尚祺氏に誘われて蒸気機関車の撮影に同行したのをきっかけに、蒸気機関車と撮影の魅力に取り付かれ、以来全国各地への大撮影旅行を繰り返した。現在はフォトグラファーとして活躍中。

※ この作品は、かつて撮影された8ミリビデオ映像を編集したものです。
一部、当時の撮影環境に起因する見づらい場面、フィルムのキズや経年劣化による退色・変色や画面のぶれが発生している場面などがありますが、いずれもたいへん貴重な映像ですので、そのまま使用しています。ご了承下さい。また、本編の映像は4:3となっています。
※同録音声はありません。

ジャケット裏面画像


撮影・監修 上杉茂樹
構成・演出 宮地正幸
制作 株式会社動輪堂

©DORINDO Co., Ltd 2018.4.21

関連商品

よみがえる20世紀の列車たち6 JR東日本2/JR東海1 【2018年4月21日発売】

税込定価: 4,320円(税込)
3,241円(税込 3,500円)
ステレオサウンドとともによみがえる東海道本線・関西本線・紀勢本線
1990年代のJR東日本・JR東海・JR西日本の車両たち

よみがえる20世紀の列車たち5 JR西日本4/JR九州 【2018年2月21日発売】

税込定価: 4,320円(税込)
3,241円(税込 3,500円)
ステレオサウンドとともによみがえる 1990年代前半のJR列車たち
関門トンネルを越えて競演する国鉄形とJR世代の車両たち

よみがえる20世紀の列車たち3 JR西日本2 【2017年12月21日発売】

税込定価: 4,320円(税込)
3,241円(税込 3,500円)
ステレオサウンドとともによみがえる 1990年代 JR西日本の列車たち
東海道・山陽本線と阪和線で 国鉄型とJR世代の車両が競演!

よみがえる20世紀の列車たち2 JR西日本1 【2017年11月21日発売】

税込定価: 4,320円(税込)
3,241円(税込 3,500円)
ステレオサウンドとともによみがえる1990年代 JR西日本の列車たち
北陸本線で伝統の国鉄形車両と新鋭JR車両が競演!

よみがえる20世紀の列車たち1 JR北海道/JR東日本1【2017年10月21日発売】

税込定価: 4,320円(税込)
3,241円(税込 3,500円)
「よみがえる総天然色の列車たち」の奥井宗夫作品集がビデオ時代に突入
ステレオサウンドとともによみがえる1990年代前半のJR車両たち

よみがえる総天然色の列車たち第3章1 国鉄篇<前編>【2017年3月21日発売】

税込定価: 4,320円(税込)
3,241円(税込 3,500円)
珠玉のシリーズがサウンド付きで復活!
国鉄末期の電車や電気機関車たちが鮮やかによみがえる

よみがえる総天然色の列車たち第3章2 国鉄篇<後編>【2017年4月21日発売】

税込定価: 4,320円(税込)
3,241円(税込 3,500円)
珠玉のシリーズがサウンド付きで復活!
国鉄末期のディーゼル機関車やディーゼルカーたちが鮮やかによみがえる

よみがえる総天然色の列車たち第3章3 JR篇<前編>【2017年5月21日発売】

税込定価: 4,320円(税込)
3,241円(税込 3,500円)
珠玉のシリーズがついにJR時代に突入!
なつかしい車両たちが同録サウンドとともによみがえる

動輪堂プリペイドポイント

9,259円(税込 10,000円)
プリペイドポイント販売開始!
税込10,000円で15,000円分
のポイント進呈!
ただし 先着100名様限定とさせていただきます
(会員様のみ対象のサービス 使用は動輪堂ホームページのみ)

動輪堂DVDまたはブルーレイ3タイトルセット

最大定価: 15,228円(税込)
7,685円(税込 8,300円)
お好きなDVDまたはブルーレイ商品3タイトルセット購入で、最大定価(税込)15,228円より6,928円の値引!(ポイントは付きません。)

動輪堂DVDまたはブルーレイ2タイトルセット

最大定価: 10,476円(税込)
5,093円(税込 5,500円)
お好きなDVDまたはブルーレイ商品2タイトルセット購入で(「近鉄プロファイル」ブルーレイ版を除く)、最大定価(税込)10,476円より4,976円の値引!

「モノクロームの列車たち」全巻セット

税込定価: 19,440円(非課税)
13,000円(非課税)
完結記念!期間限定(の見込み)販売

よみがえる総天然色の列車たち第3章4 JR篇<後編>【2017年6月21日発売】

税込定価: 4,320円(税込)
3,241円(税込 3,500円)
JR発足後のディーゼル機関車牽引列車とディーゼルカーの映像集
非電化区間のなつかしい車両たちが同録サウンドとともによみがえる

よみがえる総天然色の列車たち第3章6 近鉄篇<後編>【2017年7月21日発売】

税込定価: 4,320円(税込)
3,241円(税込 3,500円)
名古屋線系統と「あおぞら」およびナローゲージ路線の近鉄車両を収録
昭和末期〜平成初期の同録サウンド付きフィルム+新発掘未公開映像集
「近鉄篇」前後2巻同時発売!

よみがえる総天然色の列車たち第3章7 私鉄篇1【2017年8月21日発売】

税込定価: 4,320円(税込)
3,241円(税込 3,500円)
西日本の私鉄と路面電車 そして廃止路線を巡る「私鉄篇」第1弾!
昭和末期〜平成初期の同録サウンド付きフィルム+新発掘未公開映像集

よみがえる総天然色の列車たち第3章8 私鉄篇2【2017年8月21日発売】

税込定価: 4,320円(税込)
3,241円(税込 3,500円)
北海道&#12316;北陸の私鉄と路面電車 そして廃止路線を巡る「私鉄篇」第2弾!
新発掘未公開フィルムでよみがえる懐かしき鉄道風景と車両たち

よみがえる総天然色の列車たち第3章9 私鉄篇3【2017年9月21日発売】

税込定価: 4,320円(税込)
3,241円(税込 3,500円)
東海・関西の私鉄を巡る「よみがえる総天然色の列車たち第3章」完結篇!
昭和末期〜平成初期の同録サウンド付きフィルム+新発掘未公開映像集

よみがえる総天然色の列車たち第2章全22巻セット

税込定価: 90,288円(税込)
41,667円(税込 45,000円)
「よみがえる総天然色の列車たち第2章奥井宗夫8ミリフィルム作品集」完結記念! 全22巻(税込定価90,288円)を全部まとめて大特価、税・送料・代引手数料オール込45,000円(1枚あたり2,045円)で販売!
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫氏が昭和30年代〜50年代に撮影したカラーフィルムによって、日本の懐かしい鉄道風景が鮮やかによみがえるシリーズを一気に揃えるチャンス! 
ダブり商品抜き取り割引あり!

「よみがえる総天然色の列車たち第2章近鉄篇」全5タイトルセット

定価: 20,520円(税込)
11,111円(税込 12,000円)
「よみがえる総天然色の列車たち第2章13〜17」の「近鉄篇」全5タイトルをセット購入で定価(税込)19,950円から何と7,950円引き!(ポイントは付きません。)<br />

よみがえる総天然色の列車たち 第2章1 国鉄電気機関車篇 奥井宗夫8ミリフィルム作品集

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
20系ブルートレインをけん引するEF65Pをはじめ、流線形が美しいEF58、マンモス貨物機EH10、阪和線で活躍したED60、関門専用のEF30、セノハチの EF59など、数々の名機の未公開映像が次々と登場する。またED16、ED18、ED19、EF15、EF52、EF56、EF57など戦前生まれの旧系列デッキスタイルの機関車の晩年の姿もたっぷりと紹介。
ナレーター:子守康範
2010年7月21日発売

よみがえる総天然色の列車たち 第2章2 国鉄電車篇 奥井宗夫8ミリフィルム作品集

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
新幹線鴨宮モデル線区での試乗会や東海道新幹線開業初日の貴重な車内の映像に始まり、「つばめ」「はと」「しおじ」など山陽本線で大活躍の昼行電車特急群や、「はつかり」「とき」など上野を発着する懐かしの優等列車が続々登場。
また阪和線・片町線、飯田線、宇部線・小野田線、青梅線、仙石線などで働く31系・40系・42系・52系・60系・70系・72系・73系・80系など旧型国電も次々とよみがえる。70年代国鉄ファン必見の一編。
ナレーター:子守康範
2010年9月21日発売

モノクロームの列車たち1 蒸気機関車<北海道>篇 上杉尚祺・茂樹8ミリフィルム作品集【2015年12月21日発売】

税込定価: 3,240円(税込)
2,407円(税込 2,600円)
モノクロフィルムで綴る 珠玉の鉄道映像集
復活する昭和40年代の蒸気機関車牽引の列車たち

モノクロームの列車たち2 蒸気機関車<東北・関東・甲信越>篇 上杉尚祺・茂樹8ミリフィルム作品集【2016年6月21日発売】

税込定価: 3,240円(税込)
2,407円(税込 2,600円)
モノクロフィルムで綴る 珠玉の鉄道映像集 第2弾!
復活する昭和40年代東日本の蒸気機関車牽引の列車たち

モノクロームの列車たち3 蒸気機関車<北陸・東海・関西>篇 上杉尚祺・茂樹8ミリフィルム作品集【2016年7月21日発売】

税込定価: 3,240円(税込)
2,407円(税込 2,600円)
モノクロフィルムで綴る 珠玉の鉄道映像集 第3弾!
復活する昭和40年代北陸・中部・関西の蒸気機関車牽引の列車たち

モノクロームの列車たち4蒸気機関車<中国・九州-1>篇 上杉尚祺・茂樹8ミリフィルム作品集【2016年9月21日発売】

税込定価: 3,240円(税込)
2,407円(税込 2,600円)
モノクロフィルムで綴る 珠玉の鉄道映像集 第4弾!
復活する昭和40年代中国地方と九州・福岡県の蒸気機関車牽引の列車たち

モノクロームの列車たち5 蒸気機関車<九州-2>篇 上杉尚祺・茂樹8ミリフィルム作品集【2016年10月21日発売】

税込定価: 3,240円(税込)
2,407円(税込 2,600円)
モノクロフィルムで綴る 珠玉の鉄道映像集 第5弾!
復活する昭和40年代九州の蒸気機関車牽引の列車たち

モノクロームの列車たち6 路面電車篇+蒸気機関車サウンド篇 上杉尚祺・茂樹8ミリフィルム作品集【2016年11月21日発売】

税込定価: 3,240円(税込)
2,407円(税込 2,600円)
モノクロフィルムで綴る 珠玉の鉄道映像集 完結篇!
復活する昭和40年代京都・東京の路面電車篇&
新発見のサウンドトラック付きで再収録した蒸気機関車篇

よみがえる総天然色の列車たち第2章11 ローカル私鉄・中日本篇 奥井宗夫8ミリフィルム作品集【2013年1月21日発売】

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫氏が昭和30年代〜50年代に撮影したカラーフィルムによって、日本のローカル私鉄の映像が鮮やかによみがえる。第2弾は中部日本各地から静岡鉄道駿遠線・静岡清水線、遠州鉄道、岳南鉄道、富士急行、豊橋鉄道、三重交通松阪線、三岐鉄道、近江鉄道、富山地方鉄道本線・上滝線・立山線・射水線の車両たちや鉄道風景が登場する。
(昭和34年〜昭和58年撮影)
 ナレーター:子守康範

よみがえる総天然色の列車たち第2章12 ローカル私鉄・西日本篇 奥井宗夫8ミリフィルム作品集【2013年3月21日発売】

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫氏が昭和30年代〜50年代に撮影したカラーフィルムによって、日本のローカル私鉄の映像が鮮やかによみがえる。第3弾は西日本各地から京福電鉄叡山本線・鞍馬線、水間鉄道、野上電気鉄道、別府鉄道、井笠鉄道、下津井電鉄、高松琴平電気鉄道、土佐電気鉄道安芸線、伊予鉄道高浜線・横河原線・郡中線、尾道鉄道、広島電鉄宮島線、一畑電気鉄道、筑豊電気鉄道、島原鉄道、鹿児島交通の車両たちや鉄道風景が登場する。

(昭和45年&#12316;昭和53年撮影)

 ナレーター:子守康範

よみがえる総天然色の列車たち第2章13 近鉄篇1 奥井宗夫8ミリフィルム作品集【2013年4月21日発売】

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫氏が昭和30年代〜50年代に撮影したカラーフィルムによって、日本の懐かしい鉄道風景が鮮やかによみがえるシリーズに、満を持して近鉄篇が登場。以降、複数回にわたるシリーズとして、近畿日本鉄道の膨大なフィルムを順次紹介し、私鉄篇の掉尾を飾る。その第1弾は日本初の特急用2階建車両として知られる初代「ビスタカー」10000系をはじめ、2代目「ビスタカー」10100系、10400系、11400系など歴代特急形車両や、旧特急形モ6301形、6421系など名古屋線で活躍した一般車両が登場。ナローゲージ路線の三重交通三重線(現・湯の山線)をはじめ、内部線、八王子線、北勢線の旧型車両全盛時代の映像も収録する。(昭和37年〜昭和52年撮影)
 ナレーター:子守康範

よみがえる総天然色の列車たち第2章14 近鉄篇2 奥井宗夫8ミリフィルム作品集【2013年6月21日発売】

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫氏が昭和30年代〜50年代に撮影したカラーフィルムによって、日本の懐かしい鉄道風景が鮮やかによみがえるシリーズの近鉄篇第2弾。昭和37年に私鉄初の修学旅行専用車でオール2階建ての20100系「あおぞら」が登場。貴重な試乗会の映像をはじめ、団体列車や臨時列車で活躍する姿を多数収録する。特急用車両として「スナックカー」12000系や、阪伊・名伊特急用「新スナックカー」12200系が登場。「新ビスタカー」10100系などと混結されるなど様々な運用を見せる。開業間もない鳥羽線や架け替え前の雲出川橋梁など単線区間の走行シーンも見逃せない。近鉄きってのローカル線で、昭和51年当時も伊賀電気鉄道時代からの生え抜きモニ5181形が活躍した伊賀線では、モ5000・ク5100形へ世代交代。伝説の初代「ビスタカー」10000系も昭和46年のお別れ運転を最後に引退する。(昭和37年〜昭和59年撮影)

よみがえる総天然色の列車たち第2章15 近鉄篇3 奥井宗夫8ミリフィルム作品集【2013年7月21日発売】

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫氏が昭和30年代〜50年代に撮影したカラーフィルムによって、日本の懐かしい鉄道風景が鮮やかによみがえるシリーズ。近鉄篇第3弾は、参宮急行電鉄開業当時からの急行車2200系や、伊勢神宮の戦後初の式年遷宮に合わせて登場した特急車2250系など、かつての大阪線の名車たちの特集。名古屋線側でこれらの車両とともに活躍した元特急車6421系や、脇を固めた数々の一般形車両も紹介する。最大の見どころは、大阪線に最後まで残った単線区間の青山峠旧線の映像。周辺で複線化工事が進む中、10100系「ビスタカー」による名阪特急などが行き交う近鉄最大のボトルネックも、廃止を目前に哀愁の雪景色に包まれた。ナレーター:羽川英樹

よみがえる総天然色の列車たち第2章16 近鉄篇4 奥井宗夫8ミリフィルム作品集【2013年9月21日発売】

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫氏が昭和30年代〜50年代に撮影したカラーフィルムによって、日本の懐かしい鉄道風景が鮮やかによみがえるシリーズ。
「近鉄篇」第4弾は、奈良電気鉄道出身の小型車・中型車も活躍する京都線・奈良線・橿原線・田原本線・生駒線、貨物列車の運用が残る南大阪線・吉野線を中心に紹介。また鮮魚列車のほか、大阪線に残る電気機関車や、有蓋電動貨車・無蓋電動貨・荷物電車の姿が鮮やかによみがえる。(昭和37年〜昭和58年撮影)
ナレーター:羽川英樹

よみがえる総天然色の列車たち第2章17 近鉄篇5 奥井宗夫8ミリフィルム作品集【2013年11月21日発売】

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫氏が昭和30年代〜50年代に撮影したカラーフィルムによって、日本の懐かしい鉄道風景が鮮やかによみがえるシリーズ。
近鉄完結篇!
昭和34年に颯爽と登場し、近鉄の看板車両として活躍した10100系「新ビスタカー」がついに引退の時を迎える。「V9」(ブイナイン)とも呼ばれた堂々3重連での運転を、昭和54年のラストランまで2年にわたって追跡した膨大なフィルムを中心に構成。昭和後期の近鉄の姿が鮮やかによみがえる。(昭和46年〜昭和57年撮影)
ナレーター:羽川英樹

よみがえる総天然色の列車たち第2章18 路面電車篇<前篇> 奥井宗夫8ミリフィルム作品集【2014年1月21日発売】

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫氏が昭和30年代〜50年代に撮影したカラーフィルムによって、日本の懐かしい鉄道風景が鮮やかによみがえるシリーズに路面電車篇が登場!
モータリゼーションに押され、昭和40年代〜50年代に各都市から次々と姿を消した路面電車。そのうち6社局のありし日の姿と、現在も存続する5社局の昭和の姿が、行き交う自動車・バスや懐かしい街並とともに鮮やかによみがえる。(昭和38年〜昭和56年撮影)
ナレーター:羽川英樹

よみがえる総天然色の列車たち第2章19 路面電車篇<後篇> 奥井宗夫8ミリフィルム作品集【2014年3月21日発売】

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫氏が昭和30年代〜50年代に撮影したカラーフィルムによって、日本の懐かしい鉄道風景が鮮やかによみがえるシリーズ、路面電車篇完結編!
後に荒川線に統合されるわずか4路線を残して昭和47年までにほとんどが消滅した東京都電。昭和49年に全廃となった名古屋市電。これらを中心に、仙台市電・静岡鉄道秋葉線・静岡市内線・名古屋鉄道岐阜市内線の廃止路線と、その他存続路線を含めた11社局の昭和の姿を紹介する。(昭和37年〜昭和54年撮影)
ナレーター:羽川英樹

よみがえる総天然色の列車たち第2章20 蒸気機関車篇<前篇> 奥井宗夫8ミリフィルム作品集【2014年5月21日発売】

定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫氏が昭和30年代〜50年代に撮影したカラーフィルムによって、日本の懐かしい鉄道風景が鮮やかによみがえるシリーズの集大成「蒸気機関車篇」登場! 
全国の幹線や地方幹線で活躍した蒸気機関車。動力近代化計画が進むにつれて昭和30年代後半から少しずつ姿を消しはじめ、昭和40年代に入ると、そのペースは急激に加速していった。そんな中まだまだ主役として旅客列車や貨物列車の先頭に立ち続けた、各地の機関車の雄姿が鮮やかによみがえる。(昭和34年〜昭和46年撮影)
ナレーター:羽川英樹

よみがえる総天然色の列車たち第2章21 蒸気機関車篇<中篇> 奥井宗夫8ミリフィルム作品集【2014年12月21日発売】

税込定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
「蒸気機関車篇」第2弾!
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫氏が昭和30年代〜50年代に撮影したカラーフィルムによって、日本の懐かしい鉄道風景が鮮やかによみがえるシリーズの集大成「蒸気機関車篇」第2弾! 
全廃まで残すところ5年となった昭和45年から、昭和48年にかけて撮影された国鉄の蒸気機関車。運用の減少する中、徹底的に追跡した紀勢本線・参宮線のC57形をはじめ、関西本線、和歌山線、中央西線、七尾線、日中線の機関車が鮮やかによみがえる。(昭和45年〜昭和48年撮影)
ナレーター:羽川英樹

よみがえる総天然色の列車たち第2章22 蒸気機関車篇<後篇> 奥井宗夫8ミリフィルム作品集【2015年2月21日発売】

税込定価: 4,104円(税込)
3,056円(税込 3,300円)
「蒸気機関車篇」第3弾!
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫氏が昭和30年代〜50年代に撮影したカラーフィルムによって、日本の懐かしい鉄道風景が鮮やかによみがえるシリーズの完結篇! 
昭和47年、日本鉄道100周年を契機に各地で軽便鉄道の蒸気機関車が一時復活。その一方で国鉄の蒸気機関車はいよいよ数を減らし、翌48年には、紀勢本線・参宮線・関西本線の蒸機たちは、ついに最後の日を迎えた。しかしその後、東海道本線・大阪―神戸間開通100周年記念で運転されたC612牽引による「SL白鷺号」や、大井川鐵道など各地で蒸気機関車復権の気運が高まる。そんな時代の蒸気機関車の姿が、鮮やかによみがえる。
(昭和43年〜昭和56年撮影)

ナレーター:羽川英樹

ページトップへ